KAKKIN1stCD発売記念 東京ツアー3DAYSライブ その四だい!!!

3/22(木)
多摩川に、「またね、」と、手を振り、下北沢へ。
駅近くのソバ屋で、サクッといただき、久々の下北を歩く。
春休みが始まった学生で、通りは、平日というのに、賑わっていた。
改めて、若い人が多い。
若い人の歳は、変わらない。
この街でも、いくつ世代が通り過ぎたのだろう。
自分も、前、一緒にいたはず。
年をとった、、、、。
下北でライブの時は、何度かウォーミングアップに来たことがある遊歩道へ着くころには、青い空が顔を出していた。
春が来た。
雪を連れてきた男から、春を連れてきた男へ。

lete到着。
マスター町野さんと再会を喜ぶ。
話し上手な町野さん、ミュージシャンへの気配り、いいライブへの気遣い、最高な方です。リハーサルも、気持ちよく演奏できるように、色々試させていただき、だんだんと、leteとのバランスが取れてきて、曲調によって立ち位置や、マイクとの距離感を試しつつ、いい感じで、開場時間まで、みっちり、歌わせていただき、リハ終了。

うれしいことに、本日も、ソールドアウト。
ありがとう、というしかない。
この日も、力が入りますが、抜くところは、抜きます。

満員のお客さん(男性85%!)を前に、一部、二部、アンコールと、2時間。
歌わせていただきました。汗だく。
有江や、近藤君、前、東京でムーン・ビームのディレクターをやっていた谷川さんまで、顔を出してくれる。ありがたい。
最終日、思い残すことのないように歌えました。
充実した時を、集まってくれた皆さんと過ごすことができました。
東京から、福岡へ戻る時、マスターに挨拶に来て、「また、来ます」と、いった自分に、「本当に来れたね」と、自分で自分に言いました。
ライブ終了後、町野さんと、次回のことなど、少し話して、打ち上げ。
有江や、友達と、下北で、おいしい酒をいただく。
有江も、来年で50歳。うそー。
彼を祝うライブが、東京であるそうです。すごいね。
頑張ってます。有江。
忙しいのに、来てくれました。ありがとうね。
そして、朝一の便で、福岡に帰る私と、始発まで付き合ってくれた友人。

彼とは、ムーン・ビームが初めて東京ツアーに出てきた頃のからの知り合いで、よくライブに来てくれていた。お互い色々ありつつ、軽く27年前たったね。今後もよろしくっと、下北沢駅で、別れる。
色々、それぞれ、ありつつ、今回の東京3日間、来てくれた方々、の顔を思い浮かべつつ、にやにやしながら、また、自分なりにですが、いい思い出、いい時間を作れたことに感謝しながら、書き込んでます。大感謝。
また、楽しい時間が作れるよう、頑張ります。
よろしくおねがいします。

Peace Love
Kakkin

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です