関西ツアー3daysLIVE 1/3 神戸ハッピーローラ

2019/7/18(木)
九州福岡は、曇。
いまにも、雨が振りそうな日だった。
いつものバス停から、博多駅へ。
新幹線こだまに乗って、新神戸へ。
約4時間。
4時間という生命の時間と引き換えに、読書の時間を手に入れた。
大塚まさじさんの「旅のスケッチ」
平田達彦さんからお借りしてた本。
まさじさんの生い立ちから、歌うたいになり、その後の事柄が、わかりやすく書いてある。普段、活字離れしているのに、おもしろく興味深い内容で、新神戸いついた時は、あと数ページで、読み終わるとこだった。
雨の神戸。
まずは、帰りのチケットを購入し、この日、泊まるゲストハウスへ。
ドミトリーの6人部屋。
25年前に行ったインドの旅では、ほとんどドミトリーだったなー。
そこで、色んな情報を手に入れられた。
どこの何が美味しいとか、あそこは、見たほうがいいぞ!とか。
そこで、二度と会うことはないであろうバックパッカー達との出会いも、心踊る出来事だった。
話は戻る、2段ベッドが所狭しとおいてある。
といっても、最近のゲストハウスは、快適で、共同だが、シャワー、トイレ、と、清潔で、夜もぐっすり眠れる。場所によっては、チェックアウトが11:00で、朝も、ゆっくりと支度できる。チェックイン前、後も、荷物も預かってもらえるので、着いた街を散策するのみも、助かっている。無料自転車貸出もあり!!!

さあ、一日目、神戸ハッピーローラ。
というからには、ローラさんというママがいるのかな。
西城秀樹ファンの方かな。
なんて思いながら、元町駅の北、山手の方へ緩やか坂を登っていく。
汗だく。
携帯ナビはは、便利だが、細かな道になると、曖昧さがあり、通り過ぎていた。
引き返し無事到着。
出演者の石田秀一さん、生島大輔さん、藤川真里さん、そして、ママのなつきさんが迎えてくれた。ハッピーローラ 13周年を迎える。

石田秀一/生島大輔
神戸を拠点に活動するロックバンド、イナズマクラブの石田さんとは、前回ツアーの梅田Creekで、一緒にライブする機会がありました。「次、神戸来る時は、連絡しいや」と、今回のライブが決まる。とても、ロックンロールな方です。
なんか、すごい方です。
この日も、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ブルース、等、を感じさせるナンバーをやってくれる。バンドネオンというアコーディオンスタイルの楽器の生島くんとの息もピッタリ、トークもいちいちおもしろく、さすが、関西圏。歌に喋りに隙がない。神戸に石田あり!と、深くうなずかされる。ロックンロール!!!
藤川真里さん
画像が小さくて、申し訳ない。
弾き語りと言うよりも、弾き倒し語りといっても過言ではない。独特の強引なギターワークからくる曲の後のバラードは、さすが。大阪を拠点に活動されているとのこと。石田さん、曰く、「カッキンと同じようなタイプで、会わせたかった。」と。真里さん、オリジナルソングで、天使の曲を歌われてました。僕も天使をモチーフの曲がありますが、真里サンの天使像が、僕とは、違っていて、刺激になりました。MCは、ほぼほぼ無く、ガンガン曲を歌いまくられ、圧倒させそうになりました。今まで、見たことないシンガー。なんか、すごい。
KAKKIN
石田さん「何分でもええで、好きなだけ歌って!」とばかり、少し長めに1時間弱、歌わせていただきました。はじめての場所なんで、軽めの自己紹介から始まり、兄弟まで。
ありがとうございました。
見守るハッピーローラなつきさん。ローラさんではなかった。おきれいな愛嬌たっぷりな方です。石田さんを始め、出演者、雨の中、来てくれた皆さん、ありがとうございます。遠くから、きてくれた方もいらっしゃって、感謝してます。新しい神戸の方々と出会いもありました。また、いきます。
よろしくおねがいします。
この後も、神戸ハッピーローラの夜は、めちゃ熱かったでーーー!!!!!
ロックンロール!!!

7/19大阪十三クラブウォーターへと、続く。

MOON・BEAM
30週年記念ライブ決定

http://kakkinonmusic.jp/moonbeam/

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です