草木花と話す

2020/5/10(日)
曇りときどき雨
九州福岡。

GW
今後のことを考えたら、また、トライしたくなった。
プランタ!
野菜栽培!!!

2011/3/11災害後、
まずは、水。
次に、食料。
だと、思った。

東京で、狛江市という場所に10年住んだ。
2004年~2014年
隣が畑の一軒家の小さな庭で、野菜を育てた。
うまく行ったり、いかなかったり。
それなりに楽しかった。
そして、2011の震災後、降り注ぐ放射能の為、栽培をやめた。

4月中旬、ホームセンターで、苗と種を買いに行ったら、
皆さん考えることは、同じなのか、
間隔をあけての、長蛇の列。
ミニトマト、ナス、キューリ、ゴーヤ。
今から、思うと、苗は、すこし買う時期が早かった。
キューリの苗は、寒さに弱く、すぐ枯れてしまった、、。

その時、キューリの苗と、コミュニケーションしておけばよかった。と、思った。
というのは、
その後のミニトマト、ゴーヤ、ナスとの、コミュニケーションをとるようになった。
どういうコミュニケーションなのか。
ほとんど、臨機応変です。
その日の、気温、湿度、天気、風、風向き。
天気予報がさらに、気になります。
土、肥料、プランタの大きさ、形、植える時期、摘芯、芽かきや、受粉、、、色々、出てくる出てくる。
めちゃ、楽しい。
狛江のときより、植物たちと話せている感じがします。
いっぱいできたら、世話になってる近所の方々へ、持っていこ。

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です