竹灯篭の火

2019/1/17(木)
晴れ
九州福岡

一昨日1/15は、空が霞んでて、のどに不快感があったので、PM2.5だなとおもってましたが、やっぱり、そうでした。
報告が学校や病院施設、等にいきわたるように、徹底してもらいたい。
周りは、のどが痛い、咳が出る、と言ってます。
やはり、自分の身は自分で守るしかない。
PM2.5は、呼吸器官の奥まで到達し、ぜんそくや、気管支炎、そして、肺がん、等のリスクを上昇させます。
対策
・マスク着用。
・外出後、うがい手洗い、そして、目も洗う。
・部屋の空気の入れ替えはしない。
・車の運転時、窓を開けない。
:野外での運動は、控える。
等々。
今日は、空は、澄んでて、いい天気ですが、インフルも流行してます。
うがい、手洗い、人が集まっているところでは、予防にマスク。
用心しましょう。

今日は、阪神淡路震災があった日。
24年が経つ。
6434人の方々が亡くなられた。
多くの祈りが、現地へ向かっていることでしょう。
震災から間もなく、京都磔磔で、ムーンビームのライブがあり、その次の日、ボスの水島さんから、集まった義援金を、その当時、スタッフだった小村と、現地へ届ける大役を仰せつかり、長田区の公園にある施設まで行きました。町の建物は、全壊、半壊状態で、進むにつれて、言葉を失っていきました。施設の方も、正気を失ってたように見えました。
そして、去年暮れ、弾き語りでライブで行った神戸。
とても、きれいな街になってました。
現地の方から、震災で建物が壊れ、復旧し、今の街並みに変わっていったとのこと。神戸wメリケン波止場でのライブでは、対バンのレレ池田&Kocchiにしいさん、夕凪フレンドさん、そして、大阪creekでのイナズマクラブの石田秀一さんの演奏を聴いていると、被災後、立ち上がり、それでも、笑いを忘れず、力強く生きている人々の姿を、音楽を通じて感じ、感銘を受けずにいられなかった。
いつ来るかわからない災害。
自然の驚異、でも、そのあとの人間の底力。
そして、いい意味での、開き直り、が、とても、重要な生き方のひとつ。
防災の大切さを含め、阪神大震災であったことを、教訓として、受け継いでいかねば。
個人としては、23年ぶりに行った沖縄、そして、神戸。
なにかが、開き始めているように思う。
いまここ。

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です