福岡~初長崎~2度目の佐賀ライブ

2019/6/16(日)
はれ
九州福岡
喪に服す日もなく、3本のライブ。
弾き語りのライブを始め、3年目。
やっと、ライブの数も増え、お誘いを受けることも多くなってきた。
止める訳にはいかない。
親父、ごめん。
でも、いいライブしてくるけん。
見守ってください。
と、
6/11高砂ユラユラにて、埼玉在住、ニューCDを発表したヤマザキヤマト氏とライブ。初めてあったのは、埼玉の曼荼羅。もう、25年くらい前。平田達彦さんとツアーしたときの出会いだった。その頃は、ギターでの演奏だったと思う。その後、ジャンベでの叩きがたり、から、UFOの形に似ているハング、ハンドパンに持ち替え、現在の演奏となる。今回も音色に癒やされたり、しびれたり。タンバリンや、二胡のような長い民族楽器を自由自在に操り、最後は、一曲、ギターで参加、アンコールで、昔のヤマト氏を思い出させるファンキーなナンバーで、終演。また、やろうと、再会ライブを約束。次の日は、鹿児島でライブ。今頃は、南の方にいっているのかなー。

6/14、雨
長崎パブリックレーベルストアにて、大久保エイジ氏
長崎はいつも雨だった~
と、やっぱり、口づさ見ながら、福岡天神バスセンターから、高速バスで長崎へ。
2時間くらいで、長崎駅で到着後、長崎本線の電車で、西浦上駅で、下車。
歩いて3分。
アーケードに入り、一本目の四つ角を右へ曲がってすぐ。
パブリックレーベルストア、到着。
洋服屋さんで、夜は、ライブ会場ともなる。
もう、マスターテリーさん、大久保エイジ、小村くんが、来ていて、挨拶。
店内は、ブリティッシュ、MODS好きには、たまらない商品がずらり。
映画のポスターも飾られており、「さらば 青春の光」のポスターもあり、イギリスのことをテリーさんと少し話せて嬉しかった。
小村くんは、京都磔磔で働いていて、その時知り合った。
長崎諫早に引っ越したことは聞いていた。磔磔では、本当にお世話になった。
その当時のスタッフさんにも、お世話になった。
一緒に、磔磔で募った義援金を、長田町まで、持っていったこともある。
ひさしぶり。
前は、長髪だったが、今は、短髪になっていたが、京都弁はバリバリつこうてはる。
今回のライブを仕切ってくれた。
感謝です。
大久保エイジ氏とも、古い。
30年は経っていると思う。
九州野外コンサートでは、年に2.3回会っていたが、共演するのは、初めて。
なんだか、うれしい。
小村くんが機材を持ち込んでくれていて、みんなで、あーだこーだと、セッティング。
リハーサル終えた頃には、さっそく、お客さんが入ってきた。
大学当時のバンドマンが長崎にいて、見に来てくれていた。

超満員の中、エイジが始まる。
ステールギター奏者。
音が、舞い降りてくる。
彼の声に耳済ます。
心が、洗われていく。
いらないものを捨て去り、今のプレーにたどりついた彼の演奏に、酔いしれる。
さあ、初弾き語り。長崎。
力が入る。
一時間みっちり、歌わせていただく。
アンコールもいただき、エイジと初の共演。

最高なときでした。
ありがとうございました。
自分にとって、はじめての方々が多い中、もっと、いい感じで、伝えるやり方を見直し、新しい歌の方向を見定める時間でした。
また、行きます。
よろしくお願いします。

6/15 雨のち晴れ
佐賀夢楽人にて、狭間組、大久保エイジ氏とのライブ。
今流行?のゲストハウスで一泊。

小村くんが、チェックアウト時間10:00に迎えに来てくれる。
車の中、小村くんは、長崎で、ダム建設反対運動に携わっていることを聞く。
佐賀へ行く途中現地を見に行くことになった。
諫早市在住、大久保エイジと合流。
早めの腹ごしらえ、エイジお薦めの「なるほど」で、ちゃんぽんを頂く。
めっちゃ、うまかった。
ムーニーさんも諫早に来たら、必ず、寄るらしい。
食べ終わったあと、「なるほど」っと、言いたくなる。

小村号に乗って長崎市内から、諫早、そして、佐世保方面へ上り、川棚川の下流にある小さな支流、石木川にダムを建設する計画がある。駅から、車で、5分位の場所にある。小さな川に田園風景、ホタルの里としても有名な場所。ここが10月から、ダム建設が開始され、家、田畑が、沈むという。40年以上も前に作られた計画で、典型的な無駄使いの公共事業の例として問題が挙げられている。40年以上も、現地の方々が反対座り込み活動をされている。5月には、ホタルの里として、賑わい、夏には、夏祭りもあり、「河原のうた」も作られている。いらないダムから、石木川を守るため、現地の方々を中心に呼びかけが続いている。、同じ思いの方々が増えていけば、きっとダムは止められると信じ、今日も座り込みは続いている。

思いを胸に、佐賀へ、到着。
入り時間1時間位前についたので、佐賀城見物。エイジと。

もう、この日、出演の狭間組の川崎さんご夫婦が来てまして、挨拶。
マスターの武藤さん。音楽はもとより、文学、映画、歴史、芸術多方面の知識に優れてて、なんでも、質問しております。よろしくお願いします。

この日、飛び入りの小川さん。カバーソングを自分なりにアレンジしての熱演。お寿司の差し入れ、ありがとうございます。大久保エイジ。この日も丁寧に僕らを雲の上に連れて行ってくれる。気持ちが入りまくってました。
熱いライブでした。久々い歌う曲を交えて、1時間みっちりと。
ありがとうございました。
昨日に続き、アンコールにて、一曲エイジと「グローリーハレルヤ」演奏。さあ、トリは、狭間組。
交互に歌い回されてて、ロック、フォークミュージックの熱い想いを、感じた。
川崎さんは、裸足でのステージ!大好きな心意気。MCの佐賀弁講座も飛び出したり、と、佐賀がより近くなってうれしかった。

いいライブのときは、打ち上げも楽しい。
飛び入り小川さんとセッションタイムで盛り上がる。
また、ぜひ、歌わせてください。
よろしくお願いします。

怒涛の3ライブだった。
汗びっしょりのライブ。
ユラ、ジャスティン。
パブリックレーベルストアのテリーさん、
夢楽人の武藤さん、
ヤマザキヤマトさん、大久保エイジさん、狭間組さん、各会場スタッフ、来てくれた皆さん、特に、小村氏、お世話になりました。
また、行きます。
よろしくおねがいします。

たくさんの出会いに感謝。

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です