沖縄3daysライブ その3

2018/11/8(木)
晴れ
青空は、見えてますが、雲が出てきました。
九州福岡。
気温も少し下がりました。
暖かくして、過ごしましょう。

沖縄ライブ三日目
10/28(日)
前日は、川満先生と二人でのみ、
23年ぶりを、乾杯する。
「今日は、北へ行きましょう」
「行こう」
川満先生の妹さんから、車を借り、(ありがとうございます。)
本島の北へと、進む。58号線から、449号線へ。東シナ海。
瀬底島を見て、休憩しながら、
名所中の名所、
沖縄美ら海水族館へ。
大迫力パノラマ水族館、ジンベイザメ、マンタが悠々と水中を飛んでいるようです。特に、ブラックマンタが、かっこよかった。
人工の尾びれをつけたイルカ、おきちゃんでも、有名。満員だったのイルカショウも、みれました。その横にある海洋文化館、プラネタリウムも、最高でした。
個人的には、また、きて、ゆっくりみたい場所。
プラネタリウムは、気持ちよすぎて、爆睡しては、起き、また寝ては、起きの連続で、いい昼寝ができました。なので、しっかり見てみたいな。
文化館は、ミクロネシア、ポリネシア、太平洋を人類がいかにわたってきたか、どんな船でわたってきたか、という文化、歴史が、わかりやすく紹介されている。空と海のロマンを感じます。

「飯行きましょう」、「そうしましょう」、南へと、戻りながら、
初めて、沖縄の名所バーガーショップA&Wのルーシービアを飲み、「うーん、サロンパス!?」(ビアといってもビールじゃないよ)
「そろそろ行きましょう」
「行こう」
58号線を南下。

最終日は、栄町ボトルネック。
栄町のアーケードの中、店の前に、キーポンを、発見。
入ったら、ちえみジョーンズ、ベギーが、リハ中。挨拶。
よろしくお願いします。
で、なーーんと、東京THE KAKKINのドラム、タケちゃんが、今やっているバンドの吉田君と、来てくれていた。偶然にも、ここで、一緒に沖縄にいる不思議さを感じつつ、「お互い頑張ろう」と、たけちゃんも、ライブハウスに向かっていった。わざわざ、ライブなのに、顔出してくれて、ありがとう。
店のマスター、スタッフ、キーポン、みなさんにも、ご挨拶。
ちえみジョーンズさん、この日、スニーカーがお揃いで、すでにたのしい感じでした。リハーサルも、みっちりやらせていただき、本番をまつ。
不思議と、なにやら、はじめてなのに、初めてじゃないような感じに包まれていた。店全体が、なにやら、あたたかい雰囲気に包まれていた。
さあ、始まった。
川満先生の始まりのあいさつ、兼、かっきんとの出会い、兄弟、というつながりの話からの、待ってましたー、ちえジョン&ペギー。
気持ち良い声、メロディ、やさしく包んでくれ、それを、ベギーのギターが、繊細かつダイナミックなギターサウンドがのっかり、みなさんをちえジョンの和やかな世界へと導いてました。めっちゃ、最高!!!途中、その音に呼ばれるように、フランス人のカップルも来店、WELLCOME!!!!!
大盛況となる。
さあ、かっきん。

1.電信柱
2.ボンジョルノ(ボンジョール) アハーン
3.気分は、ロトロと腕組んで
4.ULALA
5.愛の奇跡の瞬間たちよ
6.星座が歌う夜
7.僕もギターを弾いてるよ
8.兄弟Ⅲ(ベギーギター)
アンコール
1.ハッピーそれがテーマ(ベギー、かっきん)
2.BLOW WIND BLOW(ちえジョン、ベギー、かっきん)
ありがとうございました。
ちえみジョーンズ、キーポン、ベギー、マスター、来てくれた皆さん、一日目の匠、そして、ガチャピンも駆けつけてくれた。Romel Amadoのドラムダイキも、来てくれていたな。鶴坊のお兄ちゃんも来てくれていた。そして、お名前わすれましたが、酔っぱらいのシンガーの方や、いろいろつながっていた楽しい時間でした。
ボトルネックのソウキそばが、また、うまいのなんの。
ちえジョンに、ご馳走になりました。
お世話になりました。本当にありがとうございました。

そして、またまた、四人。
ガチャピンと、匠、で、川満先生の寿味食堂に戻り、打ち上げ。
泡盛。
みんな、のむのむ。
途中、酔ったなーと、ぐらっときたとき、
「さあ、いまから、おとおり、しましょか」
と言われたときは、ふーらふーらでした。
飲めるはずもなく、寝落ち。
そして、朝。
川満先生、「さあ、行きましょう」
「い、いこう」
と、起こしてくれて、車で那覇空港へ。
酔った体に、水を流し込む。
不思議と、二日酔いの苦しさはない。
が、寂しさが押し寄せる。
言葉にしたいのですが、ならない思いが湧き出てくる。
「ありがとう」
としか、言葉が思い浮かばない。
沖縄の街が、流れていく。
空港に着く、握手、ハグ、
「先生、、、」

23年ぶりの沖縄。
23年前は、この世に
「兄弟」という曲も、存在しなかった。
23年ぶりに、沖縄に立ち、
逆輸入的な
かっきん的
「兄弟」
を、歌えた。
現地の人は、どう思っただろう。
いままで、知らない沖縄も、感じた。
また、来年、行きます。
新曲を用意して。
ぽろっと、この3日間で、感じたことが、
歌になる日を、楽しみに。

ありがとう。

出会えたことに。

ありがとう。

具志川城跡の海をまぶたに写しながら。

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です