二回目沖縄ライブ 614

2019/12/18(水)
九州福岡
曇り
今年、夏くらいから、一箇所、歯茎に痛みを感じつつ、今日、
朝から、なんだか、ぼーっとしてて、鼻の奥が、モヤモヤしてたら、
夕方、なんだか、液体が鼻水のように流れ始めた。
炎症していたのか。
歯茎、はじめてだなー。
歳だ。
来年1月で、55歳。
まあまあ、いい年。
上を見たら、まだまだ、鼻垂れ坊主。
13歳から、始めたギターを今も弾けてる事。
24歳から、歌い始めて、今も歌ってること。
幸せモンばい。
音楽を通じて、色々経験させていただきました。
その経験を活かし、さらに、経験するであろう未来を感じ、
これからの自分のギター、歌に期待しております。
自分のことばっかで、すみません。
どんだけー。

二回目の沖縄 最終日 
11/24 コザ614
猫のハートと午前中は、イチャイチャしてたニャン。
    
昼に、昨日、ライブで一緒だったちえみジョーンズが、川満せぇんせーの家まで、迎えに来てくれた。
海へ連れてってくれる!!!!!
ヤッホー!!!
寿味食堂のソーキそばを食べようと待ち合わせしたものの、日曜日は、お休み〰。
なので、Ruler’sのタコライスを食べに行く。
めっちゃうま。地元の人にも人気で、アメリカ人と思われる客が多かった
宜野湾のちえみジョーンズの家により、キーポンと、合流。
いざ、伊計島へ。
伊計島は、本島中部、うるま市の東にある。
海中道路を通り、平安座島、宮城島、を経て、一番先端の島。
車で行ける離島。海が見えてきた。
海岸線を走り、橋で繋がれた映画やドラマで見たような家並みを抜けたら、サトウキビ畑が続く一本道になっていく。伊計島の東

キーポンが コーヒーを煎れてくれた。

薄紫の花が咲いてた。

伊計島から、コザへ。

コザ交差点。


ちえみジョーンズ、キーポン、コザ614まで、送ってくれる。
最終日。
マスターエイジ夫妻と、スタッフのいけちゃんに挨拶。
この日は、久留米の発心コンサートで、一緒にプレーした
ベースの久保田ドンちゃんと、ライブするはずだったが、
急遽、ドンちゃんが出れなくなり、サックスの有田さんと、
ボーカルギターのショウタさんとのツーマンライブとなる。
ソウルを感じ、ブルージーに歌い上げるショウタさん。ハスキーな歌い込んだ声。めちゃうまいし、渋さに酔いました。アリちゃんのサックスが冴えまくってて、よりムーディなサウンドとなり、最高でした。というか、すごかった。
614 音がいい。
気持ちよく、エレキ弾き語りで、十分歌わせていただいたあと、
セッションタイム。
まずは、サックス有田氏とのBLOW WIND BLOW
初めてやるとは思えないくらいの演奏。さすがです。
サックスとプレーするのは、めったに無いから、うれしかったー。
BLOWが、摩天楼に響き渡ったように思えた。

次に沖縄を代表するギターリスト亮氏、と、グローリー・ハレルヤ。
亮は、プロでも活動中で、佐渡山豊さんのギターでも活躍中。
ギターヒーロー登場!!!
尖ったトーン出してたー。
かっこいい。

そいて、ショウタ氏を呼び込み、アイ シャル ビー リリースとを、
歌い合い、サックスが響き、ギターが唸る。
最高なコザの夜を迎えられました。
この日も、ちえみジョーンズが見に来てくれた。
ありがとうございます。
次に繋がるよう、頑張ります。
マスターのエイジさんはじめ、出演者、来てくれた皆さん、ありがとうございました。
マスターエイジさんと、少しじっくり話す時間にも恵まれ、嬉しいときでした。
沖縄、最高です。
いちゃりば、兄弟!

沖縄3DAYSライブ。
ワクワクドキドキな日々でした。
集客的にも、まだ、力不足な点はありますが、
三回目へと、歩いていきます。
お世話になった方々、本当にありがとうございました。
また、来年、会う日を楽しみにしています。
よろしくお願いします。

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です