久留米nootoから、国東魂へ

2020/2/14(金)
九州福岡、晴れてます。
日々のニュースがどんどん流れていってます。
その中、流されずに生きるのは、大変やー。
流れに任したり、受け入れたり、逆らったり、流したり、、、。
マイペースで、行けることは、生きましょう。

11日火曜日は、久留米nootoでの初ライブ。
とても、たくさんのいい出会いがありました。
来てくれた皆さん、ありがとうございました。
出演の皆さんとも、話ができ、うれしかった。
この日は、ギターに、マッコ マーフィこと、宮原マコトが2曲ギターで参加。
兄弟Ⅲでは、彼のでっかい宇宙サウンドが、会場を包み込んだ。
打ち上げで、ドラマーの木谷と、東京で一緒にバンドをやっていた事もあるベースのボッチが来てくれた。ふたりとも、久留米出身。久々に会えてよかった。
マスターのデボラも、久留米から東京へでたバンドマン。その当時、一緒のライブをした事もある。中々、福岡に帰ってきて、東京の暮らしや、311のことを話せる機会がないので、また、再確認できた。お店は、無農薬野菜を中心にした料理と、カフェバー。週末は、ライブで、賑わっている。マリリンモンローのポスターの迎えてくれる。
ウッフーン。
また、宜しくおねがいします。

今週16日、日曜日は、また、初めての場所へ。
大分 国東半島へと、向かいます。
くにさき半島と読みます。
九州といっても、瀬戸内海寄りの気候で、半島と行っても山が多い。
奈良時代から、仏教文化も盛んで、み仏の里と、呼ばれている。
福岡からだと、阿蘇、由布院、別府、大分~宮崎と、高速道路が通っていて、
あまり、今まで、行く機会がなかった場所。
そこに!
熱い国東原人ともいうべき男たちがいた。
彼らは、国東から、音楽を通して、熱い思いを発信しようと、
「国東魂」というイベントを、立ち上げた。
今回出演するのは、その裏のイベント。
「国東裏魂10」
28組のミュージシャンたちが集います。
なんかすごいぜ。

詳しくは、ライブのページへ、GO!

http://kakkinonmusic.jp/live/

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です