ロックの嵐

2019/7/9(火)
曇り

やっとブログ、書いてます。
梅雨真っ只中の九州福岡。
博多の街は、山笠一色。
いくつのも飾り山が、博多、天神、福岡名所で、どかんと、座ってます。

朝顔も蔦を這わせ、上へ上へと、向かってます。
うちのパキュラは、この湿度が大好きのようで、活き活きと、艶を出してます。

さあ、どこから、かけばいいのでしょうか、、、、。
ここからだ。
6/17(月)高砂ユラユラにて、平田達彦さんの還暦会の司会を務める。
60歳になられた平田さんを囲み、平田さんの親しい方々、大学での先輩後輩の方々が集まり、美味しいカレーや、お飲み物で、踊り、歌い、祝う。
平田さん、これからも、健康に気をつけて、まだまだ、ジャンジャンバリバリ、歌ってくれないと困ります。よろしくおねがいします。

6/23(日)梅雨入り前の暑い日だった。
バンドのリハで、ベースのマロニーと、ドラムのしんちゃんが住む久留米へ。
はじめて、久留米荘のうどんを頂く。
ガーバ、うまかった。
ひとりでも、家族連れでも、カップルでも、ぜひ!!!
後味も、最高です。

6/29(土)久留米ヘアーリゾートNEXUSで、ライブ。
この日は、九州梅雨入りしていて、小雨模様で、湿気がものすごかった。

発心コンサートのターザンさんに、久留米でライブをやらせてくださいっと、去年からはじまった6月のライブ。今回は、ヘアースタイリストの中尾さんのお店、NEXUSにて、ライブしました。

SINOGU&トクさん
 宿六兄弟
KAKKIN&MaroShin
この日、ステージも作ってくれ、音響が、また、素晴らしくいい音で、SINOGU、宿六と、癒やされオードの中、ガツンと、ロックしてきました。数少ない練習で、あそこまで、持ってこれたのは、嬉しかった。ありがとう、マロニー!!!シン!!!また、いつか、音出しましょう。
この三人は、同じ時期に、音楽を志し、それぞれの場所から、上京していて、東京の会場や、スタジオで、すれ違っていたかもしれなかった。そして、今、九州久留米で出会い、ライブしているという、不思議な縁の三人でした。、また、よろしくお願いします。
主催のターザンさん、ジェーンさんを始め、スタッフのカワさん、カズさん、足元が悪い中、来てくれた方々、遠方の方もいらっしゃって、本当にありがとうございました。
また、よろしくおねがいします。

そして、先週7/6(土)ベーシック ロック フェス2019に出演しました。
久々の矢野とのライブ。
矢野は、6.7月忙しくツアー、レコーディングが続いてて、リハーサルは、当日のリハのみだった。会場のヴードゥー・ラウンジは、各バンドの熱い演奏で、ロックの嵐が吹き荒れてました。トムくろーずでも、一緒の矢野と、マロニーの息もぴったり。
いい演奏ができたと思います。
ロックしました。
BRFスタッフのみなさんをはじめ、来てくれた皆さん、ありがとうございました。

そして、次の日、7/7(日)店屋町デジャヴでの久々のライブ。
デジャヴは、リハーサルスタジオ、レコーディングスタジオ、バーカウンターの有り、
そこで、ライブもできる。この日は、旧友てるさんの呼びかけで、ライブとなった。
山笠の拠点、櫛田神社の近くで、山の男たちがさっそうと歩く中、会場到着。

お店のみっちゃんと、久々の挨拶。
お変わりなく、昔話しに花が咲く。
リハーサル中、歯機械論こと、長谷川さん、てるさん、がやってきて、挨拶。
長谷川さんは、メンフェス バッツのボーカルで、ミツバスタジオでの知り合い。よく、JAJAで、ライブしたり、会っていた。てるさんは、ブリスコのメンバーのときから、知り合い。お互い、久々の共演を楽しみにしていた。

てる
歯機械論
柿木一宏

アンコールは、三人で、グローリー ハレルヤ!を、歌う。
お客様も、いい感じで入ってくれていて、緊張感がある中、歌わせて頂く。
それぞれの世界を、それぞれの思いを歌にして、歌いあったいい時間だったと思う。
みなさん、いい顔していた。
デジャヴみっちゃんをはじめ、てる、長谷川先輩、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

思い出と、今が重なり合い、自分を再認識できた日でした。
帰って5年立ちますが、帰ってきたんだ福岡に。
とさえ、思えた日だった。

淡白な文章になりましたが、今日は、これで、書き終えます。
特に、ライブ会場での出来事は、宝物です。
感謝の心でいっぱいです。
本当にありがとう。
また、会える日を、楽しみにしてます。
そして、会いに行きます。
よろしくおねがいします。

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です