ボンアハ 18 アハーン

2019/7/15(月・祝)
九州福岡、いい天気です。
昨日までは、梅雨らしい天気でした。
無事、山笠も博多の街を「オイサ!オイサ!」駆け抜けたようです。
やさしく吹く風が担ぎ手の高鳴る胸の鼓動を癒やしているかのよう。
夏が、もうすぐそこまで、来てます。

ボンジョルノ アハーン 18
2019/7/13
雨、でした。
夕方からは、なんとか雨もやみ、曇。
会場の高砂ユラユラに到着。
マスター、ジャスティンと、最近、手伝っているマリッペに挨拶。
程なくして、平川卓哉さん、到着。
電話がなる。
ちえみジョーンズさん。
「今日、行徳さんが、ギターを弾いてくれます。大丈夫ですか?」
「もちろん!」
行徳くんは、ジャグブギのギターで、今は、ソロやユニット、バンドでも、活動中。
柿木のリハーサルが終わった頃、行徳くん到着。
平川くんに、先に、リハーサルしてもらう。
ちえみジョーンズ、到着。
再会の挨拶。
よっしゃ、今日も、アハーンしようぜ!!!
足元の悪い中、たくさんのご来場、ありがとうございました。
福津市の不屈の男、平川 卓哉さんから、スタート!
オリジナル、カバーソングを織り交ぜてのセットリスト。聴き応え十分のナンバー。

彼の胸の思いの熱さで、火傷しそうなくらいでした。
胸深く感じたときのことを歌にし、今日も、熱唱されてました。
黒澤明の映画に、出てきそうな迫力と、優しさがオーラになって出てるようでした。
ちえみジョーンズさん
北九州若松の出身。上京した時期が一緒で、彼女は、沖縄へ。
沖縄に住んでもう20年が経ったそうです。
節々にでる沖縄の言葉のイントネーションが、20年間を感じさせてくれる。
彼女を見ていると、また、沖縄で歌いたくなる。
今回、4箇所での九州ツアーの2日め。
一回目一緒だった行徳くんがギターを飛び入り参加。
なんと、今、リバイバルな手作りカセットテープを作ってきてのツアー。同郷な二人。息のあった曲を披露してくれる。
しっかりとゆっくりとじっくりと丁寧に歌うちえみちゃん。
やっぱり、名前の由来は、ブライアン ジョーンズファンだったとのこと。
髪型も、いい感じにブライアンしてて、かっこよかった。
さあ、柿木一宏。
ブルーズから、ロックンロールから、始まる。
最近、ムーン・ビームのベスト盤を製作中で、MBばかり聞いていると、早いリズムがやりたくなる。ブロウ ウインド ブロウは、ジョーンズに参加してもらったり、久々、兄弟では、鈴を持っての歌い上げました。

最後は、出演者、みんなで、「グローリィ ハレルヤ」で、盛り上がる。

ありがとうございました。
写真の、左、卓哉の笑顔で、おわかりのようなライブでした。
ありがとうございました。
これで、次回、19回目へと、気持ちよく進まさせていただきます。
ユラユラジャスティンを始め、ちえみジョーンズ、行徳伸彦、平川卓哉、そして、来てくれた皆さん、本当にありがとうございます。
感謝です。
また、次回、9/16(月・敬老の日) 住吉ブギで、アハーンしましょう。
よろしくおねがいします。

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です