ブギ鶴瑞輝~Folk Villageカットビライブ

2018/12/18(火)
曇り
九州福岡。
曇り続きで、福岡の冬らしい天気が続いてます。
暖かくして過ごしましょう。
空気も乾燥してますね。
風邪等、用心しましょう。

先週は、12/14ブギで、鶴坊こと、鶴瑞輝さんとのライブと、
12/16小倉FOLK VILLAGEで、150回を迎える「カットビ ライブ」に出演してきました。どちらも、記憶に残る素晴らしいライブでした。鶴坊の名曲「ケセラ セラ」で、ギターで参加。感無量な時間だった。毎年恒例の「うたのお歳暮」と題してのイベント。満員のブギで、エレキ弾き語り合いました。先日のユーテロでのライブのように、大きな音ではなく、クリアなトーンでのライブでした。久々「Land Of Freedom」を演奏しました。かっきん~鶴坊~セッション。九州ツアー真っ最中の鶴坊。前日のライブで手持ちのCDが売り切れて、宅急便でギリギリ間に合ったニューCDを引っ提げ、カバーや、オリジナルを織り交ぜたライブだった。この日も、鶴坊のハイトーンな歌声にみなさん酔いしれました。ブギの音響の良さと、セッションでは、2台のストラトキャスターの音が重なり合い、とても、いい空気があふれ出してました。唐津の海賊のギター吉村さんや、トムくろーずのベースマロニー、ハイリミッツのベース白石君も来てくれてて、うれしいかった。
マロニーとは、来年、一緒に音を出す予定!お楽しみに。集まった方々も、とても、いい顔してました。また、ライブしようぜ、というか、こりゃ、また、必ず、あるね、よろしく、鶴坊。その日を楽しみにしてます。

そして、15日は、コミてんラジオ出演後、今泉5CMへ、ニシヤマグマのワンマンライブを見に行き、楽しい夜を過ごし、16日、小倉Folk Villageへ。
150回を迎える「カットビライブ」
このイベントの常連のシンガーソングライター達が集う。
ニューCDが完売したという陸王、この日初めて、オリジナルソングを歌ったnaoko、体調が芳しくなく歌えないのに、来てくれた宮崎亮介、中津江ミュージックフェスティバル前夜祭でチャンピオンの輝いたセイシロウ君の父である安元隆治、スーパーでのバトルソングを熱唱する北島進一、ジョンレノンから、ブルージーな曲を歌ってくれた八田隆弘。
それぞれこのイベントの思いをぶち込み、歌い上げてました。
なんと、この日、主役のカットビが、療養中の大分からやってきてくれた。
みんなの意気も上がる。
かっきん、一曲目が終わって、Folk Village小野ママさんの計らいで、花束贈呈、色紙等のプレゼントタイム。大拍手。
俺も、熱くなりつついいライブだったと思う。
アンコールをいただき、カットビの18番といっても過言ではない、西岡恭蔵さんの「グローリーハレルヤ」を、歌っていると、カットビが、ステージに。

一緒に、歌いましたーーーーーー。
「グローリー、グローリー、愛は、生きること」
最後は、みんなと大合唱。
グローリー グローリー ハレルヤ
グローリー グローリー ハレル

13年続いているイベント。
カットビを中心に、小野ママさんをはじめ、シンガーソングライターの方々の協力のもと、キープし続けているイベント。
このイベントの出演する一人になれたことを、感謝しています。
ありがとうございました。

This entry was posted in .. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です