MOON・BEAM 30th anniv.Live 

MOON・BEAM
結成30周年記念ライブ決定!

「Land Of Freedom Tour 2019」
8/24(sat) 福岡 天神 The Voodoo Lounge

福岡市中央区舞鶴1-8-38
第19ラインビル4F
(親不孝通り沿い)
TEL : 092-732-4662
FAX : 092-732-4381
open18:00 start19:00
adv.¥4000+1D day¥4500+1D

http://voodoolounge.jp/
Pコード:157373
受付電話: 0570-02-9999
チケットぴあ アドレス  https://t.pia.jp/

8/30(fri)東京 下北沢 CLUB Que
東京都世田谷区北沢2-5-2ビッグベンビルB2F
TEL:03-3412-9979

Open18:30 start19:30
adv¥4000+1D day¥4500+1D

http://www.ukproject.com/que/

Pコード:157373
受付電話: 0570-02-9999
チケットぴあ アドレス  https://t.pia.jp/

8/31(sat)大阪 梅田 MusicaJaponica

大阪市北区堂山町1-21 モンテビル2F-01号

tel & fax:06-6363-0848

Open18:00 start 19:00
adv¥3500+1D day¥4000+1D

http://musicaja.info/
Pコード:157373
受付電話: 0570-02-9999
チケットぴあ アドレス  https://t.pia.jp/

ゲスト出演決定
8/25(sun)佐賀 唐津 波戸岬 Music Festival

場所:唐津市鎮西町野外ステージ

090-4581-9447(増本)

Open10:00 Close18:00

前売り当日¥2000

出演者多数

※チケットぴあでの取扱はありません。

30周年記念初ベスト盤CD「Land Of Freedom」発売予定

ライブのご予約、お問い合わせ、は、contactのページへ。

Filed in . | Comment Now

福岡~初長崎~2度目の佐賀ライブ

2019/6/16(日)
はれ
九州福岡
喪に服す日もなく、3本のライブ。
弾き語りのライブを始め、3年目。
やっと、ライブの数も増え、お誘いを受けることも多くなってきた。
止める訳にはいかない。
親父、ごめん。
でも、いいライブしてくるけん。
見守ってください。
と、
6/11高砂ユラユラにて、埼玉在住、ニューCDを発表したヤマザキヤマト氏とライブ。初めてあったのは、埼玉の曼荼羅。もう、25年くらい前。平田達彦さんとツアーしたときの出会いだった。その頃は、ギターでの演奏だったと思う。その後、ジャンベでの叩きがたり、から、UFOの形に似ているハング、ハンドパンに持ち替え、現在の演奏となる。今回も音色に癒やされたり、しびれたり。タンバリンや、二胡のような長い民族楽器を自由自在に操り、最後は、一曲、ギターで参加、アンコールで、昔のヤマト氏を思い出させるファンキーなナンバーで、終演。また、やろうと、再会ライブを約束。次の日は、鹿児島でライブ。今頃は、南の方にいっているのかなー。

6/14、雨
長崎パブリックレーベルストアにて、大久保エイジ氏
長崎はいつも雨だった~
と、やっぱり、口づさ見ながら、福岡天神バスセンターから、高速バスで長崎へ。
2時間くらいで、長崎駅で到着後、長崎本線の電車で、西浦上駅で、下車。
歩いて3分。
アーケードに入り、一本目の四つ角を右へ曲がってすぐ。
パブリックレーベルストア、到着。
洋服屋さんで、夜は、ライブ会場ともなる。
もう、マスターテリーさん、大久保エイジ、小村くんが、来ていて、挨拶。
店内は、ブリティッシュ、MODS好きには、たまらない商品がずらり。
映画のポスターも飾られており、「さらば 青春の光」のポスターもあり、イギリスのことをテリーさんと少し話せて嬉しかった。
小村くんは、京都磔磔で働いていて、その時知り合った。
長崎諫早に引っ越したことは聞いていた。磔磔では、本当にお世話になった。
その当時のスタッフさんにも、お世話になった。
一緒に、磔磔で募った義援金を、長田町まで、持っていったこともある。
ひさしぶり。
前は、長髪だったが、今は、短髪になっていたが、京都弁はバリバリつこうてはる。
今回のライブを仕切ってくれた。
感謝です。
大久保エイジ氏とも、古い。
30年は経っていると思う。
九州野外コンサートでは、年に2.3回会っていたが、共演するのは、初めて。
なんだか、うれしい。
小村くんが機材を持ち込んでくれていて、みんなで、あーだこーだと、セッティング。
リハーサル終えた頃には、さっそく、お客さんが入ってきた。
大学当時のバンドマンが長崎にいて、見に来てくれていた。

超満員の中、エイジが始まる。
ステールギター奏者。
音が、舞い降りてくる。
彼の声に耳済ます。
心が、洗われていく。
いらないものを捨て去り、今のプレーにたどりついた彼の演奏に、酔いしれる。
さあ、初弾き語り。長崎。
力が入る。
一時間みっちり、歌わせていただく。
アンコールもいただき、エイジと初の共演。

最高なときでした。
ありがとうございました。
自分にとって、はじめての方々が多い中、もっと、いい感じで、伝えるやり方を見直し、新しい歌の方向を見定める時間でした。
また、行きます。
よろしくお願いします。

6/15 雨のち晴れ
佐賀夢楽人にて、狭間組、大久保エイジ氏とのライブ。
今流行?のゲストハウスで一泊。

小村くんが、チェックアウト時間10:00に迎えに来てくれる。
車の中、小村くんは、長崎で、ダム建設反対運動に携わっていることを聞く。
佐賀へ行く途中現地を見に行くことになった。
諫早市在住、大久保エイジと合流。
早めの腹ごしらえ、エイジお薦めの「なるほど」で、ちゃんぽんを頂く。
めっちゃ、うまかった。
ムーニーさんも諫早に来たら、必ず、寄るらしい。
食べ終わったあと、「なるほど」っと、言いたくなる。

小村号に乗って長崎市内から、諫早、そして、佐世保方面へ上り、川棚川の下流にある小さな支流、石木川にダムを建設する計画がある。駅から、車で、5分位の場所にある。小さな川に田園風景、ホタルの里としても有名な場所。ここが10月から、ダム建設が開始され、家、田畑が、沈むという。40年以上も前に作られた計画で、典型的な無駄使いの公共事業の例として問題が挙げられている。40年以上も、現地の方々が反対座り込み活動をされている。5月には、ホタルの里として、賑わい、夏には、夏祭りもあり、「河原のうた」も作られている。いらないダムから、石木川を守るため、現地の方々を中心に呼びかけが続いている。、同じ思いの方々が増えていけば、きっとダムは止められると信じ、今日も座り込みは続いている。

思いを胸に、佐賀へ、到着。
入り時間1時間位前についたので、佐賀城見物。エイジと。

もう、この日、出演の狭間組の川崎さんご夫婦が来てまして、挨拶。
マスターの武藤さん。音楽はもとより、文学、映画、歴史、芸術多方面の知識に優れてて、なんでも、質問しております。よろしくお願いします。

この日、飛び入りの小川さん。カバーソングを自分なりにアレンジしての熱演。お寿司の差し入れ、ありがとうございます。大久保エイジ。この日も丁寧に僕らを雲の上に連れて行ってくれる。気持ちが入りまくってました。
熱いライブでした。久々い歌う曲を交えて、1時間みっちりと。
ありがとうございました。
昨日に続き、アンコールにて、一曲エイジと「グローリーハレルヤ」演奏。さあ、トリは、狭間組。
交互に歌い回されてて、ロック、フォークミュージックの熱い想いを、感じた。
川崎さんは、裸足でのステージ!大好きな心意気。MCの佐賀弁講座も飛び出したり、と、佐賀がより近くなってうれしかった。

いいライブのときは、打ち上げも楽しい。
飛び入り小川さんとセッションタイムで盛り上がる。
また、ぜひ、歌わせてください。
よろしくお願いします。

怒涛の3ライブだった。
汗びっしょりのライブ。
ユラ、ジャスティン。
パブリックレーベルストアのテリーさん、
夢楽人の武藤さん、
ヤマザキヤマトさん、大久保エイジさん、狭間組さん、各会場スタッフ、来てくれた皆さん、特に、小村氏、お世話になりました。
また、行きます。
よろしくおねがいします。

たくさんの出会いに感謝。

Filed in . | Comment Now

親父 逝く ありがとう

2019/6/11(火)
九州福岡/晴れ

先週の6/7(金)父が他界しました。
去年、10月から入院生活が始まり、回復に向けて頑張っておりましたが、
6/7の朝、溶体が急変し、急性呼吸不全により、天寿を全うしました。
享年85歳でした。
6年前福岡に戻り、側にいること以外、何一つ親孝行らしいことは、できませんでした。
安らかに、息を引き取るときにも側にいれました。
これもひとえに、皆様方のおかげと、心より、お礼申し上げます。

父は、九州福岡、三潴郡三潴町生まれ。
宮崎県都城市高城町から、久留米絣の工場へ、丁稚奉公に来た祖父が、一代で「柿木商店」という織物の工場を建てた頃、6人兄弟の長男として、生まれました。
戦後、の不況で3件の保証人となっていた祖父は、工場を持っていかれ、大きな借金を抱え、宮崎に戻ります。
倒産当時、中央大学経済学部一年だった父は、大学を中退し、福岡へもどり、兄弟で土方で借金を返していきながら、知り合いの伝手で東京神田本社を構えるの企業宣伝用の鉛筆会社へと就職。
東京で営業マンとして基礎となる時期を過ごし、段々と注文を賜るようになり、頭角を現し、九州支社を任され、福岡へ戻る。その頃、母と結婚し、姉が生まれる。
九州での仕事がはじめはうまく行かず、栄養失調が原因で、肺結核となったとき、自分が生まれる。当時は、死ぬか生きるかの手術を乗り越え、会社に復帰。
快進撃が始まる。
日本全体が、経済成長期から、バブル期へと向かっていた。
企業宣伝用の商品が面白いように売れ始めた。
東京本社から独立し、団地から、家を建て、自社ビルも博多駅前に建築し、大成功を収める。
その頃、音楽の道を志そうとしていた私は、大学を卒業し、父の会社を手伝いながら、バンド活動をする。3年目に両立できず、父の会社をやめ、3年の約束で、音楽の道を進む。そして、その約束を、もう3年、もう3年と、延長し、現在に至る。
絵に描いたようなバカ息子である。
我が家の心配の種。
ムーン・ビームで、上京した時も、年に2.3度、ツアーで福岡へ戻った時も、「どげんか、食えるとか、音楽で、生活できるとか、もう、やめて帰ってこい」と、母同様、いつも、心配してくれた。その当時は、上京したからには、成功するまでは、、成功しなくても、、、もう、戻れないと、腹をくくっていた。
小さな頃から、言われていた。
「お父さんの跡を継ぐっちゃろ」と。
はじめは、言われて嬉しかったが、段々と、自分の未来がもうすでに決まっているような閉塞感がしていた。なにか俺も、オヤジのようにできることは、あるんじゃないかと。
学校の音楽は、好きではなかったが、姉の影響で、ビートルズ、ベイ シティ ローラーズ、ジェフベック、等、を小学校の時、聞き始め、中学校1年で、はじめてバンドのライブを見に行く。大音量で聞くステージは、「こわい、けど、かっこいい」。
すぐ、お年玉をかき集め、岩田屋の楽器店で、エレキギターを購入。19000円。
何年かは、チューニングのやり方を知らず、エアーギターで、満足してた。
多分、一番、音楽の道を志すきっかけになったのは、中学浪人という一年を過ごした。
世は、受験戦争が始まっていた世代。
家も、裕福になるに従って、塾、家庭教師、と、お坊ちゃんの仲間入り。
行きたい私立高校があったものの、不合格。
公立も落ち、2次試験も落ちる。「終わった」と思った。プライドも何もあったもんじゃない。友達にも会えない。自分への恥ずかしさが暴れだしていた。
父「大阪の知り合いの工場へ就職するか」
泣いて、「もう一度、受験させてください」と、頼んだ。
中学浪人生のための寮に入る。
姉から、届くカセットテープ。
ウオークマンで聞く時間が、現実から離れることができた。
こんな自分でも、音楽に救われた瞬間だったと思う。
夏になる。
5.6人いた寮のみんなとも仲良くなりすぎる。
これじゃいかん。
成績も一向に伸びない。
スイッチが入る。
寮を出る。
家に戻り、勉強する。
見守る父母。
夕方、ひとつ下の学年に交じり、同じ塾通う。
声が聞こえてくるが、自業自得、気にする時間はなかった。
成績が上がり始める。
志望校に、合格。
喜んでくれた。
父、母、姉。

社会、家族、個人。
それぞれが織りなす出来事。
父は、いつも、一家の重しとなり、じっと耐え忍び、自分を見てくれていた。
父という重しがあるから、音楽という芸術の世界を自分なりに見ることができた。
今いる自分の生活、全てにおいて、父がいたからこそ、できることばかりだった。

去年10月脳梗塞で入院生活が始まり、3回病院が変わり、回復に向けて頑張っていた。ツアーの日以外、ほぼ毎日、面会へいき、固まり始める体をほぐしに行く。親父の体を触りまくった。気持ちよさそうな顔のときや、「うー、あー、」とか、言ってくれるのが、嬉しかった。先生から、「状態が安定してきましたよ」と言われて安心していた矢先だった。、

6/7、朝、「溶体が急変しました。危篤状態です。」と、病院から電話。
神戸の姉に、連絡。
うろたえる母と、病院へ。
着いたときは、まだ、呼吸は、しっかりしていた。
「親父」「親父」
しか、言葉が出ない。
手を握る。
足を擦る。
呼吸が、薄くなってくる。
止まる。
そして、また、呼吸。
止まる、
そして、また、呼吸し始める。
間隔が、だんだん、開きはじめる。
「親父」
「ありがとう」
「大好きだよ」

安らかに息を引き取る。

先生が入ってくる。
10:13
ご臨終です。

母は、ずっと、手を握り続ける。
父の背中に手を入れながら、
「まだ、温かいよ」と、いう。

博多駅に着いた姉を迎えに行く。

一年前、親父が検査にいくというので、車で送った。
「一宏、死んだら、どうなるんかねー、死後の世界ってあるんかねー」
「あるとかねー、わからん」
「飯、食おう」と、いきなり父。
とんかつ屋へ入った。
腹いっぱい。

親父、ありがとう。
今度は、俺が重しになる番やね。
本当にありがとうございました。
今からは、心の重しでいてください。
ありがとう。



















Filed in . | 2 Comments

リバティから、ヒッツ&ラン

2019/6/2(日)
九州福岡/晴れ 曇り
今日は、過ごしやすい日。
運動会、行楽と、楽しく過ごせることでしょう。
先々週は、光化学スモッグも出て、土日の運動会は、午前中まで。
いい判断だと思います。
特に、幼児から、大学生くらいまで体が成長中の年齢の方々は、用心しないと、後々、後遺症が出てくる可能性もあるので、どんどん、国、県、市は、放射線、PM2.5、黄砂、スモッグ、等の情報を隅々にまで伝わるように開放し、指導を進めて行ってほしいところです。

5月も、あッとい馬。ヒヒーン。
毎週のごとくライブさせていただいてます。アハーン。
先週は、大分サウンドプール リバティにて、半年ぶりのライブでした。
この日は、車で向かいました。
九州自動車道に乗り、湯布院インターで、210号線を、大分市へ。
途中、湯平の世ノ上さんの家に寄り道。
「行きますよー」と、声をかけて、、、。
去年のリバティに出れたのも、世ノ上さんの紹介でもあった。
楽しかった日を思い出しつつ大分市内へ。
リバティ無事、到着。
カラオケ屋さんの一階、奥が、ステージ。
バンドでも、演奏できる。
リバティ悦子さん、怜子さんに、挨拶。
お変わりなくお綺麗な母娘。
再会を喜び、リハーサル中、アットマークさん到着。
もう何度か、音遊びで、お会いしている。
よろしくお願いします。
開場20:00、たくさん集まってくれている。
一回目の共演者あべこちゃんや、国東魂の方々、ゴンさん、葉っぱさん、タッキー、などなど、たくさんのご来場ありがとうございます。

アットマーク@さんから。快く出演を引き受けてくれてありがとうございます。音遊びでも、何度か一緒に出演し、リバティ一回目も見に来てくれました。マイナーコードのオンパレードなのですが、フォークでロックで、邦楽というよりも洋楽テイストな曲の仕上がり。時には、リズムボックスも飛び出し、会場を盛り上げて、最後の「ごめんね」のコール&レスポンスが、頭の中でパワープレーしながらの出番が来ました。
気づけば、1時間半みっちりと、歌わせていただきました。熱唱。
「いまここ」から、「兄弟」まで。アンコールは、平田さんの「遠く 輝く 光」で、終演。
世ノ上さんも、雲の上から、喜んでくれたでしょう。
打ち上げも、たのしく、ご馳走さまでした。
リバティ最高。
また、年内、是非、ライブに行きます。
よろしくお願いします。

6/1、昨日は、月一回と定着し始めたコミてんラジオ「ダンベルナオミのヒッツ&ラン」出演しました。ライブのスケジュールが主でしたが、楽しい時間となってきました。
ムーン・ビームでの周年記念ライブの話も少しできました。
正式の告知は、6月中旬となります。
やるぞう。パオーン!!!
次回、ヒッツ&ラン出演は、6/22(土)を予定してます。
よろしくお願いします。

さあ、ライブのない久々の週末。
読みたい本もある。
聞きたいCDもある。
ギターも弾きたい。
歌もつくりたい。
たいたい
ばかりですが、
のんびりもできそうにないな。
やること一つ一つやって、おいしいビールの時を待つ。
いいんでない。
よい一日を。

Filed in . | Comment Now

Cheap Sideから Libartyへ

2019/5/25(土)
九州福岡 晴れ
もう、午前中、暑い。
日差しが痛いくらい。
晴れは、大好きなのですが、こうも、夏のような天気は、早すぎる。
水分摂って、用心しましょう。

先週5/18は、福岡 飯倉 Cheap Sideにて、36周年記念スペシャルライブで、歌ってきました。8年ぶり位と思います。やっと、また、出演できました。
初めて出たのは、30年前。
まだ、弾き語りは、慣れてない頃から、歌わせていただきました。
店も、風格を感じます。変わらないステージ。

マスター高木さんにご挨拶。3月に、5キロマラソン一緒に走った仲です。最近でも、走ってらっしゃるとの事。また、来年が楽しみです。

一番手は、5キロマラソンも、一緒に出たニシヤマグマと、この日は、相棒トモナリのカホンとで、熱演。演奏途中、マスターから、マラソン完走のプレゼントをいただいてました。ありがとうございます。魚の歌が、ぐっときて、よかった。

二番手、桐原正二。毎週、どこかでライブしている彼。この日も、彼独特の緊張感の中、新旧オリジナルソングを織り交ぜて、熱唱。近々、バンドでもレコーデイングに入るとのこと。楽しみにしてます。

柿木一宏、この日は、マラソンを始めた頃に作った、「電信柱」から、「兄弟」まで、そして、アンコールをいただき、5キロマラソンでも、ご一緒した平田達彦さんの「遠く 輝く 光」を、歌って、終演。集まってくれたたくさんの方々、遠方の方も来てくれて、本当にありがとうございました。弾き語りのライブ、ソロCDを出して、2年目となり、このまま、続けていきます。よろしくお願いします。
マスター高木夫妻、出演者、お集まりの皆さん、ありがとうございました。
Cheap Side 36周年、誠におめでとうございます。
また、よろしくお願いします。

本日は、大分県は、大分市、サウンド プール リバティへ、午後から、向かいます。
2度目の出演、最初は、あべこさんとのライブでした。楽しかった。今回は、アットマークさんのツーマンライブ。
大分弁を調べてたら、少し福岡とは、言い回しが違うことを発見し、おもしろい。
ちゃ、ちゅ、ちょ、がよく出てきます。
福岡は、たい、けん、ばい、くさ。
よく聞くのが、「しんけん」。本当に、とか、マジの意味。
さあ、福岡のビル街をぬけ、九重阿蘇の山並みをくぐり、別府の温泉の香りを浴び、、大分リバティへと、向かいます。
しんけん、まっちょーでー!!!
よろしくお願いします。

Filed in . | Comment Now

FOLK VILLAGEから、CHEAP SIDEへ

2019/5/18(土)九州福岡/曇り

今週は、夏のように気温が上がったり、今日は、雨降ったりと、梅雨が近く感じる天気です。気温の差は、気分にも関係するので、持っていかれないように、用心しましょう。

先週、5/12日曜日は、小倉FOLK VILLAGEにて、「ガンバレ カットビ ライブvol.155」で歌ってきました。カットビも、参加して、楽しいライブとなりました。
だんだん、回を増すごとに、出演者の歌が、耳に入ってくるようになりました。
今回も、独特な世界感を持った歌うたいが、揃いました。
森林澄博さんいつも楽しそうにMC&歌われて、僕も楽しくなります。ボブディランのカバーも、飛び出し、カットんでました。

近藤義光さん
心に染み入るナンバーを、渋く歌われてて、カットんでました。ヤイリのギターも、言い落してました。

サリーホッターさん
お名前を間違えてすみません。女心を存分に歌われてカットんでました。
立ち姿も、決まってました。ベレー帽仲間!

北嶋進一さん
スーパーでの見切り品争奪戦の歌や、AKB48のインストロメンタルも飛び出し、MCも、独特なノリ突っ込みで、カッとんでました。ファイヤー!
ファイサルさん。やはり、一番カットンでました。この日は、サングラスを外してのライブで、アンダーグランドで、カットンでました。ライブ後、カットビを囲み、一枚。
なんと、来ていたBLOW WIND BLOW!のTシャツをいただきました。
ありがとうございます。柿木一宏
春一番の余韻を感じ、歌いました。平田達彦さんの「遠く輝く光」を初めて歌ってカットビました。


最後は、カットビとうたって、カットビました。
小野ママさん、「7/28 FOLK VILLAGEの25周年記念ライブを、やるわよー!」と、益々、お元気です。ありがとうございます。また、よろしくお願いします。

さあ、周年記念ライブが続きます。
本日、福岡 飯倉 CHEAP SIDEで、36周年記念スペシャルライブに出演します。10年ぶりくらいの出演です。いつも、マスターの高木さん夫妻に、見守られているなーと、感じてます。心を込めて、歌わせていただきます。正ちゃん、マグマも、一緒です。

では、よい週末を。
アハーン

 

Filed in . | Comment Now

ボンジョルノ アハーン 17

5/12(日)晴れ   九州福岡
いい天気です。
暑いか、寒いかの季節のなりつつある季節のですが、
めずらしく5月のいい風が吹いてます。
一週間前は、春一番で、大阪にいたんだ。
平田さんは、大阪から、青森へ、そして、北海道へ歌いに行かれました。
もう、北海道かなー。

さあ、新しい曲に挑もうかなと、思います。
時間があるのかな。
くーっと、自分の底にたどり着くまでは、時間がいるです。
フレーズは、たくさん浮かびますが、さあ、どんな言葉が浮かぶかな。
降りってくるのをうまくキャッチできればいいな。
まあ、ゆっくりじっくりあせらずに、受け止めよう。
ゴールデンウイークで遊びすぎた方々は、少し家でのんびりしている方も多いのだろうなー。
一昨日、日向灘で地震。
も、気になるところ。昨日も、あったらしい。
ホッケストックのガニに連絡したら、大丈夫とのこと。
用心しましょう。

昨日は、大阪から、大学生の甥がくる。
だんだん成長していく姿は、頼もしい。
おいちゃんも、まだ、成長&老化途中。
頑張らねばな。
夜は、ライブハウス長浜CBで、爆音を浴び、コミてんラジオ「HIT’S&RUN」に出演。
春一番や、ボンジョルノアハーン17について、語った。

外に出している、パキュラが、風に吹かれて気持ちよさそうに、泳いでます。

今年、ムーンビーム結成30周年を迎えます。
1989年結成しました。
2019年夏ころに、有江、矢野、柿木と揃うことになりそうです。
はっきり決まり次第、お知らせします。
忙しくなりそうです。

5/6ボンジョルノ アハーン17
アトリエてらたにて、おかげさまで、大盛況で、開催できました。
本当にありがとうございます。
この日の朝、大阪 春一番からもどり、入り時間に入ると、出演者、勢ぞろい!
お店のコウタくん、ダイちゃんにあいさつ。
早速、リハーサルが始まる。

リハを見守るセシボン。
この日は、ヤンキーズの浦中文吉氏が、アコースティックでの出演と、西のデーバ、GUNkondoさんと、福岡のソウルマン、ジャスティン小川によるユニット「ガンジャ」と、KAKKINのラインナップ。盛り上がること間違いなし。
今回のセッション曲が、ちと難解な曲があり、openぎりぎりまで、リハーサル。
お待ちいただいた方々が、続々と、入ってきて、ワイワイと、うれしかった。浦中文吉。ヤンキーズのナンバーを、アコギ一本で、歌いあげてました。俺と同じマーチンD28で、新鮮な感じでした。少し緊張感も伝わってきましたが、最後まで、自分の世界観を歌い上げてました。
ガンジャ。GUNさん、さすがの歌いっぷりでした。ゴスペル、ソウル、R&Bと、細い体でエネルギッシュに歌い上げ、ギターに回ったジャスティンも、一曲オリジナルを披露。最高潮の時でした。また、この二人のライブ、見てみたい。
柿木一宏。6曲歌わせていただく。ご近所さんのクレームが入り、少し遠慮気味の音量で、春一番のことを思い出しつつ、音楽の素晴らしさを感じながら。それぞれの思いが、重なり合い、交差しながら、そこで、なにかを感じあえる時があったと思います。
セッションコーナー。それぞれ一曲づつ持ち寄り、交互に歌ったり、ギター弾いたり。「ヒッピーに捧ぐ」「私の青空」「グローリーハレルヤ」の3曲。不安定ところもありましたが、みなさん、百戦錬磨の方々、最後まで、ふんばり通し、終演。ボンアハ17も、皆さんのおかげで、楽しい時を過ごすことができました。
GUNさん、ジャスティン、文吉の出演者はじめ、アトリエてらた、来てくれた皆さん、ありがとうございました。
次回は、7/13(土)福岡 高砂 YURAYURAにて、
沖縄から、ちえみジョーンズさんを迎え、福津市から、平川卓哉さんとアハーンします。
よろしくお願いします。

本日5/12は、北九州小倉フォークビレッジにて、カットビライブvol.155に、出演します。
詳細は、Liveのページで、ご確認ください。

よい日曜日を。

Filed in . | Comment Now

春一番

2019/5/8(水)九州福岡 曇り

ご無沙汰してます。
やっと、ブログに書き込んでます。

10日間のゴールデンウィーク。
あっという間でした。
5/3大阪春一番での平田達彦さんのギターで初出演、5/1~5/5春一のスタッフとして初参加、そして、5/6ボンジョルノアハーン17。
もう、4月中旬から、この緊張感は続いてました。
4/21の熊本県は、八代宇城「天海」でのトムくろーずとのライブ後、平田さんとのリハーサルが始まった。3度、音出ししました。曲は、「さんぽ」のみ決まっていて、だんだんとほかの曲も、決まっていきました。リハーサル後は、いつも呑み。3度目は、飲みから始まり、ちょろっとリハーサル。「大丈夫や、いい感じや」と、平田さん。

5/1の夜行バスで、大阪へ向かいました。
博多駅で、バス停近くのコンビニ。お釣りとレシートもらって、レシートを捨てたつもりが、お釣りを捨てたのに気付かず、店員さんに呼び止められる始末。店員さんに「すんません、ありがとう」と何度もいい、博多バスターミナルへ。

5/2の朝、無事、到着。梅田。
連休とあって、人が少ない。
早速、御堂筋線で服部緑地公園へ。
降りて、まっすぐ西へ行くと、大きな公園が見えてきた。
NYのセントラルパークを思わせる大きさ。
地図で、野外音楽堂を確認。集合時間を少しすぎたころだった。
集合場所へ到着。
春一番のスタッフが、裏門に輪になって、集まっていた。
主催の福岡風太氏、息子さんの嵐氏、をはじめ、スタッフにあいさつ。
よろしくお願いします。
怒涛の4日間が始まる。
中へ入る。

着いた。

スタッフは、本部、物販、ステージ、会場、ケータリング、等に分かれる。
会場係となり、会場の警備や、掃除、等。客席の掃除から始まった。
本部の設置を手伝い、多量の落ち葉を掃除が始まる。
ほどなく、平田さん到着。
客席1700席をぞうきんで拭く。天気が良く、昼は、夏の用で、熱中症にならないように水分をこまめにとって、休み休み、皆で進めていく。

今回、スタッフで参加することになったのは、もちろん、春一番を裏方のほうから、勉強したいという気持ちと、大分音遊び、世ノ上さんが、10数回、スタッフとして参加されていて、追悼の意味もかねて、代役を務めさせていただいた。

3月、5キロマラソンに平田さんと走った後、今年の春一番を見に行こうと思っていると、伝えると、「じゃ、俺のギター弾けや」と、言われ、はじめは恐縮してお断りしてましたが、これもなにかのサインだなと、「よろしくお願いします」、と言うことになった。

5/3 一日目、出番は、すぐに来た。
夕凪の後だった。
12:05
楽屋から、ステージへ上る。
平田さんのギターが始まった。
音を出したら、あっという間の3曲。
「ハウロング」「あんまり気にしなさんな」「さんぽ」
会場が、平田さんの歌に入り込んでいるのが分かった。

しーんと聞き入った空気感が二人を包んだ。
春一番の風に乗って飛んでいるような気分だった。
もう、ステージを降りていた。
終了後、会場の拍手の中、風太さんが、「平田達彦&カッキー」と、アナウンスを背に、楽屋へもどった。いいライブだったと思う。平田さんもかなり、上機嫌のよう。
この日は、ミュージシャンモードで、過ごさせていただいた。
出演したミュージシャンの垂れ幕が、順に飾られていく。
5/4.5も、素晴らしいライブが続く中、世ノ上さんがやっていたんだな、と感じながら、スタッフとして、最後尾のプラカードをもって、お客さんの誘導や、駐車場係、会場係、トイレ掃除、ゴミ回収、、等、熱中症に気を付けながら、なんとか、打ち上げ会場の梅田までたどり着く。
スタッフ、出演者と、労をねぎらいながら、乾杯!
打ち上げ会場のステージでセッションも参加。
一曲歌って、2曲ギター弾いた。

5/6朝一、梅田にて、平田さんに挨拶後、新幹線で福岡へ。
福岡も、いい天気で、少し夏のようだった。
また、少し世界が広がったような気がして、とても、いい疲れを体に纏って、
ボンジョルノ アハーン会場へと向かった。

春一番、伝統が現在進行形でばく進してました。ウッドストック世代から、今の世代まで、あの気持ちを持ったまま、開催されてました。時代の代弁者の演奏を、時代の確認者として、緑地公園で、経験できて、幸せでした。
新たな出会い、再会も、たくさん。思い出もすでにできました。
世ノ上さんにも、あえたような気がしてます。
みんな、かっこよかった。
春一番
いい風。
また、吹かれる時を、夢見て。

Filed in . | Comment Now

平成最後のライブ、八代宇城 天海へ。

2019/4/25(金)曇り  九州福岡
いい天気が続いていたが、このところ、曇り続き、また、気温が下がった。
上がったり下がったりの季節。
体調に用心しましょう。
明日から、特盛ゴールデン大型連休。
天気もよさそうで、行楽地もにぎわうことでしょう。

先週の4/20土曜日は、小倉へ行ってきました。どんどん。
小倉フォークビレッジにて、カットビライブに
復活したナカオカツオのライブを見てきました。
しっかりと一曲「グローリーハレルヤ」を熱唱してましたよ。
どんどん回復している彼の姿にパワーをもらいました。
出演者も、気持ちがアップして、集中して歌われてました。最後に、フォークビレッジの小野さんが、カットビ復活を祝い、そして、フォークビレッジの25周年ライブを7/28に行うことを言われてました。

実は、ライブ最中に、小学校の恩師、石田先生の訃報のお知らせ。
通夜に参列する為、打ち上げに参加できず、申し訳なかった。
ライブ後、バタバタと、博多へ戻り、斎場へ。小6の私(左)と、石田先生(右)
2年間お世話になった先生で、厳しさの中にあるやさしさを感じさせてくれる方で、学校だけではなく、山へ河へ、よく遊びにつれて行ってくれました。卒業しても、よく同級生で集まり、先生の家で、その時その時の自分の状況を、「がんばれ」と応援してくれました。
本当にありがとうございました。
お疲れさまでした。
安らかに。

4/21日曜日は、熊本宇城市にあるライブ会場「天海」へ。

トムくろーずのCD発売記念ライブに、久々の柿木一宏&矢野一成で出演。
柿木にとっては、平成最後のライブとなりました。
天気も良く、矢野の運転するハイエースで、出演者をピックアップしつつ、熊本へ、出港。無事、宇城市の会場、ミュージック カフェ 天海に入港。
なんだか、香椎にあったみつばスタジオに似てるなー。

主催の中村ファミリー、天海のマスター大崎さんとあいさつ。
トムくろーずのメンバーも、無事時間までには集まり、さあ、スタート。
超満員の会場。
ありがとうございます。
初めにKAKKIN&YANO
the moonbeamで、やってたナンバーが続く。
初めて聞くみなさん。じっくり聞いてくれてました。
そして、最近、ベースで、サポートしてくれているマロニーと、三曲披露。
いいライブだった思います。
そして、トムくろーず。
超盛り上がり。ボーカル水崎氏も、絶好調。どっかんどっかん会場を沸かしてました。
乗りに乗ってる感がありますトムくろーず。
アンコール2曲、ギターで参加させてもらって、最後まで、盛り上がるなか、終演。元は、ドライブインだったという天海で、打ち上げ。料理もおいしく、新たな出会いもあり、楽しい時間でした。
中村ファミリーをはじめ、天海スタッフ、出演者、そして、お集まりの皆さん、本当にありがとうございました。
また、出演できるように頑張ります。

出たら、お月さん、こんばんは!!!ムーンビーーーーーーム!!!!!

Filed in . | Comment Now

ニューーーースす!!!

2019/4/18(木)晴れ 九州福岡
春、真っ只中です。
ニュースです。

春一番

に、出ます。
平田達彦さんのギターで、5/3 出演決定となりました。出演にいたった詳細は、近々、アップします。
よろしくお願いします。

さあ、今週末となりました。
初の八代でのライブです。

4/21(日)熊本八代 天海
熊本県宇城市小川町北新田437
TEL. 0964-43-0832
【トムくろ〜ずCD発売記念/博多発〜八代行きツーマンライブ】

出演
・KAKKIN&YANO
・トムくろーず

OPEN 18:30/START 19:00
料金: 前売り 2,000円/当日 2,500円

トムくろーずのCD発売記念に便乗して、KAKKIN&YANOで、ライブします。
久々の二人での演奏、プラスの、ベースでマロニーも参加します。
いま、乗りに乗ってるトムくろーずのライブも、楽しみです。
新たな場所で、新たな出会いが待ってますね。
ワクワクします。
お近くの方々、是非。
どうぞ、よろしくお願いします。

Filed in . | Comment Now